やらなかった後悔を思い出す

スポンサーリンク

新型コロナウィルスの影響で生活苦になった人が盗みをする事件を時々ニュースで見るようになりました。

N国の立花党首が、給付金を出す出さないで揉めてた最初の頃から、治安が悪くなるから国民にお金を出さないとだめですよと訴えてたんですよ。

異色な方ですが、言ってる事は結構、的を得てましたね。

 



世界中を巻き込んだコロナウィルスは戦争みたいなものだから、先の戦争で孤児が増えて生きるために盗みを働いてたのと同じことかな。


ワタシも毎月収入と支出がトントンで、ろくに貯金も出来なかった頃が有りました。

もしその時だったら家賃払うだけで休業補償は消え、困窮したと思うな。だから人の事は言えません。



コロナが今で良かったーと思うし、貯金は毎月少額でも持続することが大事だったなーと思う。

そうすると、より多く貯金が出来る職に就かなきゃ損だと考えるようになり、結果スキルアップして転職する気になったかも。

ふと昔を振り返ってみて、やらなかった後悔を思い出しました。

タイトルとURLをコピーしました