さぞかし困っているのじゃないかと案じたがそうでも無かった

スポンサーリンク

関西方面の台風の被害の復旧もせぬ間に今後は北海道で大地震が起こるなんて。連続で災害が起きる、そんなことがあるものなんですね。関東は何も起こらなくて本当にありがたいと思う。

今お気に入りで読んでいるブロガーさんが、ちょうど北海道へ長期の旅へ出ています。ひとりは自転車、もうお1人は車中泊で。

震度6と聞いて北海道の地元住民の方も右往左往してる時に、旅人なら衣食住など、さぞかし困っているのじゃないかと案じていたのですが、予想に反してお二人とも大して影響はないそうです。


それどころが道内でも、震度3や4程度のところは停電の被害ぐらいでシビアな状況ではなく、旅は変わりなく続けてるそうです。自家発電設備のある建物がけっこうあるようです。


テレビでは倒壊した家や陥没や亀裂した道路など被害を生々しく報道してるけど、あれは一番の被害の大きな地域の様子。絵的に大袈裟な方が視聴者の受けが強いのでしょう。

 

北海道の地震被害で募金をしてるけど、日本ユニセフを通して募金はやめた方が良い。あそこは都会の街にビル、たくさんの職員を抱え、おまけにアグネス・チャンに高額ギャラまで支払ってる。その経費は?当然募金からの捻出ですよ。

なけなしの募金は直接現地に届くようにした方が良いというものだ。

 

タイトルとURLをコピーしました