些細な事でダメージが大きくなる、いつまでも体力があると過信してはだめ

スポンサーリンク

今日も暑かったので午後からは養老渓谷という所まで行ってきました。房総半島の真ん中辺りにあり、本来は紅葉の時期が良いと言われていて、今の時期だと房総観光でわざわざ行く人は少ないはず。

その考えはドンピシャで当たり、特に午後3時に到着したのもあって空いていました。今回はメインの方はやめ、金神(こんじん)の滝というのだけ見てきました。

1.5キロのハイキングコースなのですが道がちょっと険しいのです。この滝は個人の持ち物でご好意で公開してるのだそう。ただし、滝の水量はジャバーと迫力はなくてサラサラ程度。まぁこの猛暑だし仕方ないか。


手作りの階段もやたら1段が高く、ヨイッショと思いっきり太ももをあげたりと息が切れました。これは高齢になったらキツイわー、アラフィフの足でやっとでした。

歩きながらこの先、どんどん体力と足元が衰えていくだろうなぁとしみじみ考える。転んでケガして、骨を折るのだけは気を付けないとダメ。

友達のお祖母さんは転んでケガした後、歩けなくなり車椅子になりました。年取って来ると些細なキッカケでダメージが大きくなりますから、いつまでも体力があると過信してはだめなのです。

本日の出費は往復85キロのガソリン代だけ。お昼を食べてから出かけたのでお店に入る事も無かったのです。こちらはおひとり様ですから、特に休日の飲食店なんて家族連れが多いだろうからやっぱり控えてしまいますよ。




家には5時半に帰宅して、一番暑い時間帯は不在だったので猫達もエアコンの効いた部屋でゆっくりできたと思います。

というワケで、ドライブで気分転換したし、行った事のない場所へ初めて行って楽しかったし、無駄なお金も使わずという良い事づくめで、猛暑の夏の思い出となりました。

タイトルとURLをコピーしました