スポンサーリンク

親が子供に与える影響って本当に計り知れない程重い

ラジオのお悩み相談で、10年以上夫婦仲が悪かったが子供がある程度大きくなったので最近離婚をした。しかし18歳の娘が引きこもって母親と口も利かなくなったという。

カウンセラーの回答は、こうなったのはこの母親が原因。親が不仲だったことと母親が見栄っ張りというか、自分の都合の良いように事実を言い換えてしまう人だったこと。現実と自分の思ってることが全く違う、それがそもそもの原因という事でした。

娘さんが引きこもったのは、母親に対しての不満からということなんでしょう。

こういうのを聴くと、親の行いが子供に与える影響って本当に計り知れない程重すぎて、空恐ろしくなります。だってこのトシになったって、未熟だなと思う事は多いので、親にならなくて良かったとホッとしたりする。

しかし… この娘さんの性格もちょっと弱過ぎるのではないかしら? 例え自分の親が不仲で家庭がギスギスしてても、ドラマや小説、ネットなどで見たり聞いたりして世間も仲良し家族ばかりでない事はわかるはずだ。

両親は仲悪く、母親はちょっとおかしな人だし自分は運が悪いとガッカリして悲しいのはわかる。でもそれは自分のせいでも無いし、親の不仲も自分のせいでは無い。かえって反面教師としてこういう親になりたく無いなぁとか、大人になってこの環境から出たいとか、自分が自立する方へ思考が行かないのが残念ですね。

もっと図太い性格の娘さんならこういうふうにはならなかったと思う。それとも元々の個性や性格も、この見栄っ張りで虚飾ばかりの母親に洗脳されて歪められたのかしら? それだったら罪だよなぁ。

持って生まれた素地と親が与える影響の相性が悪かったということでしょうか。

ポチっと!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする