面接に行ったら、稀に見る酷い会社だった

スポンサーリンク

ハロワで気になった求人には一応迷った末、履歴書だけは送っておいたら面接の連絡が来た。この時点でも何となく気乗りがせず、しかし一応会社の様子を見た上で判断してみようと思い行ってみた。

しかしその結果一言、稀に見る酷い会社だった。。。
だって履歴書を送付しろと云って、送らせておきながら、面接時の開口一番で「履歴書拝見できますか?」とは、開いた口が塞がらない。



この一言でこの会社に問題が有るのは一発で分かったし、バイトとはいえ、この会社で働くのが不安になった。
何も正社員で働くワケではないし、はなからこちらは週に3回のアルバイトで割り切って働けばよいというスタンスなんだけど、それでもちょっと無理だなと思った。新規出店の事業所のせいか、何もかもが後手な感じ。ダメだこりゃで辞退しました。


気乗りしなかったのはやはり「行くだけ無駄、やめておけ」というお告げだったなぁ。
そういう時は素直にその気持ちを受け止め、逆らわないようにしようと思った次第である。

というわけで、今のバイトはまだ当分は続けて、何か又いい条件の求人があったら応募してみようかなと。私も社会経験は長いけど、全く色んな会社があるなぁと思う。
中小企業が事業を広げる場合、優秀な部下が居なければ難しいね。

日記
スポンサーリンク
オリーブをフォローする




スポンサーリンク
ちょっと楽しいおひとり様の生活日記
タイトルとURLをコピーしました