主婦パートの王道をなめてはいけない件

スポンサーリンク

私は週に一度、スーパーへ買い出しに行ってます。車でしか行けない距離なので実家の母親も連れて一緒に行きます。

行きつけのスーパーは大型店で結構混むのでレジの数は10台くらい有る。ずっと通ってるとレジ係の方に対しても、この人は手際が悪い人、この人はテキパキ手際が良い人など必然的にわかってくる。

その中で、一度信じられないくらい感じの悪いレジ係に当った事がありました。年の頃は30代の、レジのパートさんとしては若い方でしょうね。

ある時、商品を「これもね」と手渡ししたら、レジを通した後にギュッと手のひらに押し付けられてびっくりしたことがあります。もう悪意しか感じられませんでした。



恐らくサービス業であの様子では早晩クビになるでしょう。私などはわざわざクレームを入れたりまでしませんが、その手間を惜しまない小うるさい年配者は絶対いますし、すぐクビにならずとも上司から注意ぐらいはされるだろう。

その後私は当然その人のレジは避けるようになりましたが、昨日、ウチの母親がその人のレジに当ってしまった。袋下さいと話しかけたら、完全無視されたそうです(笑)

 



相変わらずの塩対応だけど、生活が苦しいとか、夫と不仲でストレスがあり、その反動なのか? しかし仕事であの対応していい理由になるわけない。
スーパーも人手不足だろうが、まだアレで勤めていたことにも驚きましたが。どう考えてもサービス業には向いてない性格なんだから他の職種を探すべきだだろう。

ハードルの低い仕事だからと、主婦パートの王道をなめてはいけないよね。

 

考え
スポンサーリンク
オリーブをフォローする



ちょっと楽しいおひとり様の生活日記
タイトルとURLをコピーしました