過払い金100万戻って来たって、どんだけ利子が高かったの?

スポンサーリンク

友人の妹さん夫婦の話だけれど、ある日旦那さんが神妙な顔つきで、実は借金があると告白してきたそうだ。妹さんの旦那は普通のサラリーマンだけれども、ついキャッシングして飲食代に使ってしまったのだそう。



最初数万円借りて、このくらいなら返せると思い、次もまぁいいか、とキャッシングしてしまった。挙句合計30万円となってしまい、もう妻に内緒では返済できないなと諦め、告白にいたったそうです。

しかも飲食費といっても居酒屋ではなく、実はキャバクラだったとバレて大喧嘩になったんだとか。妹の旦那さんは40歳位なんだけど、結婚が早かったので、あまり遊んでない人みたいです。

中年サラリーマンとなると、ストレスも溜まるから何処かで羽目を外してガス抜きしないとやってられなのもわかる。でも好きで結婚して家庭持ったんでしょ?
独身とは違うという覚悟が足りない、困ったもんである。

さてラジオではまだまだ良く耳にする、サラ金やカードローンの過払い金請求のCM。30万からスタートした借金があれよあれよと増え、10年以上も返済に費やした。そして過払い請求してみたら100万も戻って来たって、どんだけ利子が高かったの?

傍で聴いてると信じられない話だ。戻り金があって喜んでるらしいけど、暴利な金利を払ってた証拠なんだよ。カモにされてた事を自覚して戒めてほしいものです。

 

お金
スポンサーリンク
オリーブをフォローする



ちょっと楽しいおひとり様の生活日記
タイトルとURLをコピーしました