嫌いじゃ無いけど、本気で好きになれない人がいい

スポンサーリンク

友人の話なのだが、最近仕事関係で話の合う年下男性と知り合ったらしい。
友人は現在子無しシングルで相手は既婚子持ちの9歳年下だという。両人ともシングルであれば恋人同士になるのもやぶさかではないのだが、相手は既婚者なので付き合う事に歯止めがかかってるみたいだ。

それを聞いてなんと羨ましい話だ、と思った。
さすがに50を超えると、相手となる男性はそれなりのトシで手頃な人はそういないし、見た目と体力なら年下のほうが良いに決まってるではないか。


大変申し訳ないが私は、付き合うだけなら既婚者でも全然構わないと思ってる。たまに楽しく一緒に過ごして、後は別々の生活。
お互いにかりそめの仲と割り切って立場をわきまえて付き合えるなら大人にとっては理想だよ。「かりそめの仲」というのは「遊びの関係、不倫関係」の事だが、恋愛にこの言葉を使うと夢が無いなと思うので。

要するに男性の奥さんにバレないようにする事はもちろん、シングルである彼女の方が他の男性と会ったりするのを非難したりなどの束縛をしないというのが守れる関係なら、この付き合いはお勧めする次第である。
もし守れないなら行きつく先は嫉妬地獄、破綻は目に見えている。

でもねぇ、好きな相手と付き合うと嫉妬の感情が出てくるのは当たり前だ。
男性が家庭で奥さんと仲良くしてるのを想像して心がざわつかないだろうか?
又は独身である彼女が他の男性と一緒に食事に行ってもひと言も文句を言わないでいられるだろうか?

だからかりそめの仲となるならば、「嫌いじゃ無いけど本気で好きにはなれない人」と軽い気持ちで付き合うのが一番相応しいと思うのだが。

恋愛・結婚
スポンサーリンク
オリーブをフォローする




スポンサーリンク
ちょっと楽しいおひとり様の生活日記
タイトルとURLをコピーしました