寒い季節はワンルーム暮らしが良いかも知れない

スポンサーリンク

一軒家は寒いけれど、やっぱり快適だ。
今の家は書斎とリビングと寝室に猫部屋もあって60平米くらい。

でも冬は書斎のみ暖房をつけてて、ほぼ起きてる間は一日中そこだけにいる。他の部屋は寒いので行かないから、ワンルーム暮らしのように貧乏臭くて笑ってしまう。
何だか若い学生みたいではないか。


寝るのもご飯食べるのも同じひと部屋で暮らしてたのは20代の頃。それから少しは広めのところにも住んだけど、基本的にはひと部屋暮らしだった。でもひと部屋温めるだけで何でも出来たんだからその点は良かったな。

そんなひと部屋の時代から、やっと1LDKのマンションを買ったのが30半ばで、LDKがリビング&書斎で、あとは寝室。寝る部屋と生活の部屋が別々となって私もようやくひとかどの大人(?)になった気がしたよ…

アラフィフとなって家財も増え、大きい観葉植物の鉢だって各部屋にあるから、もうワンルーム暮らしは出来そうも無い。いつからこんなに荷物が増えたのかわからないけど、とてもワンルームには入りきらないから無理だ。


あと25,6年はこのままでいいけど、それから先は遺品整理をするつもりで断捨離して、荷物を減らさないとイカンと思う。

私が死んだら誰かが片付ける事になるんだろうけど、なるべく迷惑にならぬようしておくべきだ。いきなりやる体力なくなってるだろうから計画的にやらねばと覚悟している。

 

考え
スポンサーリンク
オリーブをフォローする



ちょっと楽しいおひとり様の生活日記
タイトルとURLをコピーしました