意外な人が当選し、そして意外な人が落選してる件

衆議院選挙の当選者結果をみると意外な人が当選し、そしてまた意外な人が落選してる。
まずは菅直人。元総理だったというのに小選挙区で当選出来ないという有り様でしたが、今回は小選挙区で当選しました。

総理経験者が小選挙区で勝てないなんて相当みっともないことでしょ。立憲民主党の追い風効果でラッキーだったかと。

あのゲス不倫した宮崎議員の奥さんの金子恵実は落選しました。旦那さんの不祥事だけが原因とは思えないし、美人だからそれだけで当選しそうなもんですけどね。対抗馬の菊田真紀子もそれほど好感度高そうでもないし、よそ者にはわからない地元の判断でしょうか。

それと暴言の豊田真由子も落選しましたが、それでも2万票取ってたのでたいしたものだ。暴言事件の時に自民党を離党し、今回無所属で立候補したのに自民から公認候補を立てられました。
ということはもう最初から二階幹事長に見限られてた?なかなか厳しいですね。

落選したら議員もタダの人。選挙活動しなくても盤石の人気を持ってる人はそれなりに人徳があるのだろう。それにしても議員なんて誰にでも出来ないよ、資質と適正があるかないか、はっきりしてそうだ。

スポンサーリンク
ポチっと!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

シェアする

フォローする