米国ドラマはシリーズ化され長くなるとストーリーが暴走します

今月だけAmazonプライム会員になったので折角だからとプライムビデオで、海外ドラマを観ています。

今回観てるのは日本でも常盤貴子の主演でリメイクされた、本家アメリカドラマの「グッドワイフ」
ディーライフでは今シリーズ3を放送してますが、全部でシリーズ7まであります。

今はシリーズ5の途中まで観終わりましたが、段々最初の頃とストーリーの流れが違う方向へ向かってる感じが…

ロースクールを卒業したものの、すぐに結婚し専業主婦になったアリシアが、生活のため40代になってから弁護士に復帰し、仕事と子育て、夫との関係に悩みながら、自立する女性として大きく変化していくというストーリー。



最初は控えめな女性のアリシアだったけど、昔の恋人との不倫色が強くなり、ダンナとの関係も仮面夫婦で、しかし離婚もせずというキャラが???良く解らなくなり、一貫性が無くなってる感じです。

アメリカのドラマって視聴率が良くなり、シリーズ化されて長くなると、大体ストーリーが暴走することが多い。
無理やり話を長くするためにまとまりがなくなり、作家が混乱してしまうのかも。



ところで、このアリシア役のジュリアナ・マルグリーズですが、きっとジムに通ってウエイトトレーニングやら、運動で物凄く体を鍛えてるんだろうなという感じ。

中年なのに体にたるみがないというか、それどころかキュッとボディが締まってる。背中も筋肉がついてますから普段から食事制限と運動で節制してるのは明白ですね。

まぁブヨブヨ太ってたら、スーツをキリっと着こなす女性弁護士役なんて出来ないか…

スポンサーリンク
ポチっと!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

シェアする

フォローする