今だから言えるライブドア、事件の裏は

スポンサーリンク

ホリエモンと立花孝志の対談のユーチューブ動画の中で、例のライブドア事件の話がでてたのですが、あれはホリエモンがニッポン放送株を買い占めてフジテレビを乗っ取ろうとした事件のせいだったという。

その時、政財官界の「影の相談役」と言われる正木烝司(マサキジョウジ)という人が、止めときなさいとホリエモンに進言したという。

スポンサーリンク

フジテレビの親会社ニッポン放送株を買い占めた

しかし、当時若かったホリエモンは、なんだ、このジジイとばかりに相手にしなかった。

立花孝志によると、1996年に有名なアメリカの実業家ルパートマードックと孫正義が組んで、テレビ朝日株を20%買い占めたけれど、間もなく買値で手放した経緯があった。

テレビ局買収はとにかくアンタッチャブルな世界だとのこと。



結局はフジテレビ買収を諦めるのですが、傍若無人な振る舞いをしたホリエモンを実業界のオジサン達は許さなかった。ナベツネが許さんぞと怒ってたと言う。

その翌年、ライブドアの粉飾決算事件が起こり、ホリエモンは逮捕されてしまう。おかげであの時、ライブドア株はストップ安の連続で酷い目に遭った人は大勢います。


まさかの報復劇だったということで、株主はいい迷惑でしたよね。
若くして成功した方は、表面上だけでも古参の爺さん達にはおべんちゃらくらい言わないとダメって事ですね。

タイトルとURLをコピーしました